自分がどんな仕事をしたいのか、どういう職業に向いているのか、なかなか分からずに迷っている人は少なくありません。そうなってしまう大きな理由のひとつに、自分だけの世界観にとらわれてしまっているという点があります。


人は世の中について知らないことの方が遥かに多いはずです。
自分の知識の中だけで働きたい会社が見つからないと嘆くのはナンセンスといえるでしょう。
自分の世界観を広げるために一番良いのが合説です。

たくさんの企業が集まっていますので自分が知らなかった仕事や会社に出会うことができます。



普段の生活で、自分がどれほどの会社のお世話になっているかを知るきっかけになるでしょう。



人事の担当者のリアルな話が聞けて、まるで小説を読んだり映画を観たりしているような楽しさを実感することもできます。



思い悩むのではなく、まず自分の世界観を広げるという目的で参加してみると良いかもしれません。

担当者の話を聞けば知りたいことがもっと増えてくるでしょう。
その会社での就職は望まなくても、その会社に関係する仕事で別の会社に興味を抱くことも珍しくありません。人の社会は多くの人たちの労力が協力し、共鳴しあって成り立っています。


合説は生きていくことが楽しくなるイベントのひとつであるともいえます。

通常の求人情報には載らない募集なども行っていることもありますので、そこで天職を見つけられるかもしれません。

合説は難しく考えずに、ワクワクしながら参加してみると良いでしょう。