転職活動の方法として近年、合説と呼ばれるイベントが数多く開催されることがあります。
合説とは合同説明会の事で、数十社の企業が出展するケースから、100社を超える企業が参加するケースもあり、大規模なイベントも数多く開催されています。


都心部を中心に開催されることが多いですが、大阪や各地方でのイベント見つけることが可能です。この合説に参加する際には、是非企業の採用担当者の印象をしっかりチェックしておきましょう。

合同説明会は時間などを浪費せずに済みます。

企業を代表して、人事部担当者や部門の担当者が各ブースにいることが多く、その企業の雰囲気を感じ取ることができるでしょう。

その中で実際に担当者と話しをしたり、業務内容や企業のことを聞く中で、社風を知るいい機会でもあります。業務や企業に関しての質問があれば、その場で聞く事も出来ますので、担当者と直接質問してみましょう。



よりリアルな声を聞く事ができ、求人からは読み取ることができない雰囲気をつかむことが出来ます。

合同説明会で初めてであった企業に心惹かれることもあるでしょう。

機会があれば数名の企業担当者と会話をしてみることで、ご自身が人に対して興味を持つことができるか判断ができるでしょう。面接という場では感じることが出来ない雰囲気を感じることができる良いチャンスです。

いくつかの企業のブースを訪問し、企業を比較してみるのも良いでしょう。
企業担当者と話せることは、合説こと合同説明会に参加するメリットの一つでもありますので、転職活動の企業選択の参考としてみることをお勧めします。